読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年に読んだ本

book

一昨日に続き昨年ネタw

 

2015年に読んだ本は、総計92冊。

2014年が90冊だったから、まぁこれくらいが現状の生活パターンでの定数なのだろう。

92冊のリストはエントリ末尾に掲載するので、ご参照いただくこととして、自分の中でのベスト3を紹介させていただく。

 

死にたくなったら電話して

死にたくなったら電話して

 

今年のベスト1は文句なしにこれ、李龍徳の死にたくなったら電話して
過去に感想エントリを上げてたので、無精して引用のみ。

昨年の第51回文藝賞受賞作!。

 

上記 Amazon のリンク先で選考委員の御歴々が絶賛しているとおり、大した新人であり、また極めて強い毒をもつ小説であるものの、紛れもない傑作だと思う。

主人公・徳山は3浪の冴えない受験生、彼の目をとおして描かれるが、物語の中心はヒロインの初美。

初美はエキセントリックではあるものの、とても魅力的な少女である。

しかしながら徳山を破滅へと誘う悪意?は、ある意味とても痛快だ。(以下、ややネタバレあり、注意)

せっかく合格した大学を断念せざるを得なくしたのも、恐らくは初美の仕業だろうし、徳山の外の世界との最後の繋がりであった、バイト先の先輩からの徳山を気遣うメールに対し、初美が悪意溢れる内容で代筆・返信し、容赦なく切り捨てる。

そして最後、徳山の最後の希望であった初美との結婚を、とある理由によりいとも簡単に打ち砕き、これで一丁上がり。

結末は明確に示されないものの、主人公・徳山としての展開は更には何も望めない以上、これでいいのだろう。

独特の耽美的な世界観で読者を圧倒する作品。

万人にオススメできるものではないが、小説好きには是非一読をオススメしたい小説である。

★★★★★

tamu2822.hatenablog.com

  

 

恋歌 (講談社文庫)

恋歌 (講談社文庫)

 ベスト2第150回(2013年下半期)直木賞受賞作、朝井まかての「恋歌」。

女性作家でこの題名だと、甘い小説を想像されがちだが、樋口一葉の師・中島歌子の水戸幕末争乱(天狗党の乱) に翻弄される過酷な運命を書き上げた骨太の小説である。

昨年新たに巡り会えた中で、イチバンの作家。 今後もフォローしていきたい。

 

 

ハケンアニメ!

ハケンアニメ!

 

 ベスト3は悩んだ末に、辻村深月の「ハケンアニメ!」にした。
下に引用した過去エントリーのとおり、読後直ぐはあまり好印象ではなかったのだが、実はその後2回程再読、かなりハマってしまった。

この小説......というか、この作家の面白さは「人物造形の上手さ」に尽きると思う。

本作、全ての登場人物が悔しいくらい素敵だと言わざるをえない(50半ばにもなって小並感しか書けなくて申し訳ない)。

ただ惜しむらくはCLAMPの表紙.....オッサンが手に取るにはややこっ恥ずかしい.....若しくはせっかく連載時は毎回CLAMPの挿絵があったようなので、作中にふんだんに挿絵を使って欲しかった(何言ってんだこいつ)

アニメ業界のプロデューサー、監督、アニメーターの3人を主人公にした、これまたお仕事小説。

400ページ超を一気読みさせる面白さはあるが、ラノベ的な軽さとあざとさがやや鼻につくのはやや残念。

ただここ数年、着実に上手くなっている作家のひとりであることは間違いなく、その成長の過程のひとつのチャレンジだと思えば、失敗作ではないと思う。

あと、明らかにブラックな勤務形態を、それがさも美しいもののように描いているのは、ちょっと引いてしまうし、ブラック企業がこれだけ叩かれる時代に、殆どの読者がレビュー等で肯定的に捉えている実態は、なんか不思議な気がする(笑)

★★★★☆ 

tamu2822.hatenablog.com

 

 

ところで下記リストの92冊、全て図書館で借りて読んだものだ......因みに実際購入すると合計147,888円。

市町村税いくら払っているか余り意識していないが、行政サービスでかなり還元してもらた感じである。

出版社を儲けさせる気は更々ないので、あまり気にはしていないが、いい作品を書いている作家さんは応援してあげたいので、印税相当額を寄付できるシステムがあればいいのに......とはかねがねおもっている (´・ω・`)

 

タイトル 著者 評価
聖なる怠け者の冒険 森見 登美彦 ★★★
離陸 絲山 秋子 ★★★★★
竜の涙 ばんざい屋の夜 柴田 よしき ★★★★
ゆずこの形見 伊藤 たかみ ★★★
ふたたびの虹―推理小説 柴田 よしき ★★★
おもかげ橋 葉室 麟 ★★★
憤死 綿矢 りさ ★★★
神様のケーキを頬ばるまで 彩瀬 まる ★★★★★
笹の舟で海をわたる 角田 光代 ★★★★
まるまるの毬 西條 奈加 ★★★★
寄る年波には平泳ぎ (単行本) 群 よう子 ★★
小山田 浩子 ★★★★
明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち 山田 詠美 ★★★
月の魔法 川上 健一 ★★★
死にたくなったら電話して 李龍徳 ★★★★★
結婚 橋本 治 ★★★
私のなかの彼女 角田 光代 ★★★★★
さわらびの譜 (単行本) 葉室 麟 ★★★★
ハケンアニメ! 辻村 深月 ★★★★★
ニッチを探して 島田 雅彦 ★★★
ノボさん 小説 正岡子規夏目漱石 伊集院 静 ★★★★★
あのひとは蜘蛛を潰せない 彩瀬 まる ★★★★
店長がいっぱい 山本 幸久 ★★★★
しょっぱい夕陽 神田 茜 ★★★★
ごはんぐるり 西 加奈子 ★★★
奇跡の人 The Miracle Worker 原田 マハ ★★★
残りの人生で、今日がいちばん若い日 盛田隆二 ★★★★
敗者たちの季節 あさの あつこ ★★★
放蕩記 村山 由佳 ★★★★
ポケットに物語を入れて 角田 光代 ★★★
そして、星の輝く夜がくる 真山 仁 ★★★★★
ふたつのしるし 宮下 奈都 ★★★★
きょうのできごと、十年後 柴崎 友香 ★★★
窓の向こうのガーシュウィン 宮下 奈都 ★★★★
彼が通る不思議なコースを私も 白石 一文 ★★★
超訳 日本国憲法 (新潮新書) 池上 彰 ★★
星か獣になる季節 最果 タヒ ★★★★★
あなたは、誰かの大切な人 原田 マハ ★★★★
東京自叙伝 奥泉 光 ★★
私の男 桜庭 一樹 ★★★★
かわうそ お江戸恋語り。 あさのあつこ ★★★★
桜の下で待っている 彩瀬 まる ★★★
願いながら、祈りながら 乾 ルカ ★★★★★
トオリヌケ キンシ 加納 朋子 ★★★★★
知の孤島 小前 亮 ★★★★
風のベーコンサンド 高原カフェ日誌 柴田 よしき ★★★★
死んでたまるか 伊東 潤 ★★★
モノクローム 乾 ルカ ★★★★
優雅なのかどうか、わからない 松家 仁之 ★★★★
アップルソング 小手鞠るい ★★★★★
Red 島本 理生 ★★★
左目に映る星 奥田 亜希子 ★★★★
あと少し、もう少し 瀬尾 まいこ ★★★★
悪い恋人 井上荒野 ★★★★★
山桜記 葉室 麟 ★★★★★
コンとアンジ 井鯉 こま ★★★
メグル 乾 ルカ ★★★★
善と悪 江夏豊ラストメッセージ 江夏 豊 ★★★★
雪の断章 佐々木 丸美 ★★★★★
恋歌 朝井 まかて ★★★★★
パノララ 柴崎 友香 ★★★★
喝采  藤田 宜永 ★★★★
青山 七恵 ★★
モダン 原田 マハ ★★★★
家族シアター 辻村 深月 ★★★★
ヤモリ、カエル、シジミチョウ 江國 香織 ★★★★★
骨を彩る 彩瀬 まる ★★★★
花競べ 向嶋なずな屋繁盛記 朝井 まかて ★★★★
ホテルローヤル 桜木 紫乃 ★★★
持たざる者 金原 ひとみ ★★★★
御松茸騒動 朝井 まかて ★★★★
睦月童 西條 奈加 ★★★
水声 川上 弘美 ★★★★★
三人屋 原田 ひ香 ★★★
ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス 滝口 悠生 ★★
朝顔の日 高橋 弘希 ★★★★★
ほんとうの花を見せにきた 桜庭 一樹 ★★★★★
帝国の女 宮木 あや子 ★★★★
恋形見 山口 恵以子 ★★★★
ニュータウンは黄昏れて 垣谷 美雨 ★★★★
ミツハの一族 乾 ルカ ★★★★
野良女 宮木 あや子 ★★★
夢の燈影 小松 エメル ★★★★
愛なんて嘘 白石 一文 ★★★★
六花落々 西條奈加 ★★★
ごんたくれ 西條 奈加 ★★★★
雨の狩人 大沢 在昌 ★★★★
喉の奥なら傷ついてもばれない 宮木 あや子 ★★★
絶叫 葉真中 顕 ★★★★
透明人間は204号室の夢を見る 奥田 亜希子 ★★★★
ありふれた愛じゃない 村山 由佳 ★★★★
GOSICK BLUE 桜庭 一樹 ★★★★
広告を非表示にする