読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書記録】信長私記(花村萬月)

book

完本 信長私記

完本 信長私記

   キンドル版 ⇒ 完本 信長私記
う~ん.......花村萬月が信長を書いたらこうなるんだろうな.......という、よくも悪くも予測の範囲内。

本作は信長の尾張統一(桶狭間よりも前)までが描かれているのだが、恐らくそこで止めておいたからこそ、歴史小説としても、また花村ワールドとしても、破綻せずに済んだのだろう。
その先を続けていたら、史実を大きく曲げた結末となるか、または萬月作品ではない陳腐な作品となっていたかもしれない。

ストーリー的には、史実や異説をつなぎ合わせているだけだし、有名な不如帰(ほととぎす)のエピソードを無理やりこじつけた辺りに、いささか興ざめなところもなくはない。

しかしながら、実母に対する信長の心の葛藤がこの作品の読みどころであり、その着眼点は興味深い。

まぁ結局は、いろいろと制約の多い歴史小説花村萬月の世界は、相性が良くないのだろう。

★★★☆☆
広告を非表示にする