読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徐々に走り始めてます♪(近況報告)

ははは......今年2回目のエントリですw
こじらせた膝痛のおかげで昨年終盤は全然走れなかったのだけど、年が明けてからはボチボチ走っている。
......とは言っても、1月は116キロ、それもほぼ漏れ無くキロ8分ペースという超安全運転の再開である。
2月に入って、膝も少し安心出来る感じになってきたので、徐々に、そして恐る恐るペースを上げはじめ、今日は10.2キロを56分28秒(キロ5分32秒)......まぁ、まだまだココらへんが精一杯なだが、徐々に距離もペースも上げていきたいと思う。
2月もここまで累計75キロ.....仕事も休みがあまり取れないレベルで忙しいので、多分100キロ少々しか走れないだろう。
願わくば、膝を騙し騙し、4月ころから月200キロくらいまで延ばして、7月からは月300ペースに戻せればと目論んでいる、今日この頃であるヽ(・∀・)ノ


それはそうと、一昨日あんまり深く考えずにFacebookに投稿した駄文が、そのまま流してしまうには惜しいもんだったので、ここに引用してログっておくw

[2012年2月16日(木)]
久々の休みだったのでLSDいっときたかったが、雪混じりの雨につきジムのトレミで軽く10キロ程ジョグ♪
トレミは単調だとすぐ飽きるので、ペースを10km/h(キロ6)から15km/h(キロ4)まで変化をつけて遊ぶw
夜だとウインドウに映った自分のフォームを確認しながら走れるのだが、上記のペースの範囲内だとキロ4で走っている時が、上下左右ともブレが最も少なく良いフォームで走っていることが分かる。逆にキロ6のジョグペースだと無駄な動きがどうしても多くなる。
やっぱ人間(ってか動物)は構造的に、ゆっくり走るようには出来ていないのだと再確認。
だからたまに思いっ切り早く走ることも、正しいフォームを確認するためにも必要なこと。 逆に言えば「正しい」フォームで意識的にゆっくり長く走る「LSD」は、マラソンという非動物的なスポーツ(42キロも走り続ける事ができる哺乳類は人間以外には、多分いない)には、とても有効なトレーニングなんだと思う。
徐々に復活ちう なうヽ(・∀・)ノ
― 場所: スポーツクラブルネサンス土気あすみが丘

広告を非表示にする