ありがたきアドバイス♪

あくびねぇさん♪から昨日のコメントで以下の内容のアドバイスを頂いた。

「た」さんのご飯の写真を毎日見ていて感じたのですが、緑の野菜(小松菜・ほうれん草・ブロッコリーなど)や赤い肉や魚(牛肉・羊肉・かつお・まぐろなど)が少ないようです。
あと、ひじきや切り干し大根なども鉄分が多いので貧血改善には良いですよ。
それと、豆腐は貧血の人は造血を阻害する成分が入っているのであまりたくさん食べないほうがよいようです。

いやいや実にありがたいものであり、やはり持つべきものは走友だとつくづく思ったしだいである。


2・3言い訳をさせていただくと、「緑の野菜」は結構摂っているつもりで「ピーマン」「オクラ」「きゅうり」「いんげん」など、一食に一品は取り入れるように努力はしている。
夏になる前は「茹でたほうれん草」は常備菜としていつも冷蔵庫にあったのだが、最近足がはやいので上記のような「実」系(?)のものが多くなっているのは事実である。
独り暮らしなので、野菜を傷む前に使いまわす工夫はかなり大変なのだが、やっぱ「緑の葉っぱ」は努力して摂るようにしないとアカンですよね。
肉は確かに「豚」と「鶏」しか買っていないです(笑.......はい、牛肉もたまには買います m(__)m
赤い魚.......う〜ん.......鮭は「赤」ぢゃないよね......はい、これも気をつけます。
「ひじき」「切干大根」......これも挑戦してみます。(因みに冷蔵庫で何日くらい持つのでしょうか?)
最後の「豆腐の造血阻害成分」って、色々調べてみたけどその記述を見つけることが出来なかった。
ネットで公開されているものがあれば、ご教示いただければ幸いです。


最近、食事療法と(勝手に)称して、食べる量まで増やしていたら流石に体重が増え始めたので、「バランス」を更に向上させながら少しカロリー減らしていかなアカンなぁ......と思っていたところだった。
ご心配をおかけしているみなさんの為にも、一刻も早く回復して、秋のシーズンは万全の体調で臨みたいものである☆

広告を非表示にする