腕振り

先週の初マラソンのとき、足と同じくらいしんどかったのが「腕」というか「肩」だった。
上半身が力んでいたみたいで、後半は肩が痛くてしょうがなかった。
「クリール5月号」の13ページに「腕は前後に振るのでなく、回転させながら振る」のだという記事があって、昨日から取り入れているのだが、これが(・∀・)イイ!!のである。
上半身の力みがなくなって、フォームが凄く良くなったような気がする。(あくまで気がするだけだが)
ただ走るだけなのに、フォーム一つ取っても、実に奥が深いものだと実感した。

広告を非表示にする